• 特別保存刀装

きくずそろいかなぐしゅうるしぬりさや だいしょううちがたなごしらえ

菊図揃金具朱漆塗鞘 大小打刀拵 - 刀剣ワールド

菊図揃金具朱漆塗鞘 大小打刀拵

「太刀 銘 国宗(備前三郎)」に附属する本(こしらえ)は、2振の刀が収まる朱塗の大小揃いになっており、特殊な様式で制作されています。

鮫皮(さめがわ:エイの皮)も着せず、糸(つかいと)も巻かずに、銅金を付けた柄。この形式はすでに源平時代からあったようですが、柄糸を巻いてないので手が滑りやすく固い物を切った場合、柄が痛みやすいため廃れていきました。しかし、戦乱の世ではなくなった江戸時代、高崎藩(たかさきはん:現在の群馬県高崎市周辺)の藩主・松平輝貞(まつだいらてるさだ)がこの様式を復活させます。以後、この様式は松平輝貞の官途名(かんどな:職名)右京大夫に因んで、「右京柄」(うきょうつか)と呼ばれました。

「菊図揃金具朱漆塗鞘 大小打刀拵」は、大小の縁(ふち)、小柄(こづか)、(こうがい)に精緻で美しい菊花が「鋤出彫り」(すきだしぼり)で施されています。縁にある「水府住 元橘[花押]」のから、代々金工名に「元」の字を使用することが多い、水戸の金工・大山元教(おおやまもとのり)を祖とする「赤城軒派」に関係している可能性があります。

大小の(つば)には「弘化三丙午中春応谷下田博之君索 於総州銚子港 知隨(花押)」の銘。当時の江戸金工では、横谷宗珉(よこやそうみん)の横谷派、奈良利寿(ならとしなが)の奈良派、浜野政随(はまのしょうずい)の浜野派の3派が有名でした。本鍔は浜野派の知隨(ともゆき)の制作によるものです。

また、朱漆塗の鮮やかな鞘、剣唐花紋(けんからばなもん)が「容彫」(かたぼり)で表わされた金の目貫(めぬき)など、刀装具の随所に優れた技巧が見受けられます。

詳細情報

鑑定区分
特別保存刀装
拵種別
大小拵

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「菊図揃金具朱漆塗鞘 大小打刀拵」の詳細ページでは、菊図揃金具朱漆塗鞘 大小打刀拵の写真や鑑定区分、拵種別を確認できます。
刀身も含めた拵では、対応する刀剣・日本刀の詳細ページに移動することが可能です。武具だけではない、装飾の美しさが持つ芸術的価値をご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード