• 重要刀装

つるあしかわつつみとぎだしあおいもんちらし おめしこじりさや うちがたなごしらえ

鶴足革包研出葵紋散 御召鐺鞘 打刀拵

鶴足革包研出葵紋散 御召鐺鞘 打刀拵

「鶴足革包研出葵紋散 御召鐺鞘 打刀拵」は、「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」に附属するです。

総長は108.2㎝、総反り4.7㎝、(つか)の長さは26.3㎝、柄の反りは0.4㎝。また、(さや)の長さは81.8㎝、鞘の反りは3.6㎝となっています。

附属の縁頭(ふちがしら)、(こじり)、栗形(くりがた)、返角(かえりづの)などはすべて金属製です。帳尻が張り、入山形(いりやまがた)となった御召鐺(おめしこじり:先が幅広で、平たい剣形の金具が付いた鐺)の鞘で、鞘全体を鶴足革(つるあしかわ:鶴の足皮)で包み、黒漆研出の上には徳川家の家紋である「三つ葉葵」を黒漆盛り上げで散らしています。総金具は、鉄魚子地(てつななこじ:金具に鏨[たがね]で細かく粒を打ち込む技法)で、三つ葉葵を毛彫で散らし、小を取っているのが特徴です。

鍔(つば)は、丸形鉄槌目地に、五輪塔を鋤下彫(すきさげぼり)、地透かしで表し、柄は白鮫着に茶糸の双撮菱巻(ふたつまみひしまき)。目貫(めぬき)は、赤銅地容彫(しゃくどうじかたぼり)で霊獣の犀(さい)が造形されており、鞘の素材に用いられている鶴と目貫の犀は、共に縁起がいいとされる動物であるため、吉祥の祈りを込めた意匠となっています。

詳細情報

鑑定区分
重要刀装
拵種別
打刀拵

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「鶴足革包研出葵紋散 御召鐺鞘 打刀拵」の詳細ページでは、鶴足革包研出葵紋散 御召鐺鞘 打刀拵の写真や鑑定区分、拵種別を確認できます。
刀身も含めた拵では、対応する刀剣・日本刀の詳細ページに移動することが可能です。武具だけではない、装飾の美しさが持つ芸術的価値をご覧下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード