陣羽織

江戸時代

もっこうにおもだかもんあからしゃじんばおり 木瓜に沢潟紋赤羅紗陣羽織

木瓜に沢潟紋赤羅紗陣羽織

陣羽織の背面上部に配されているのは、「沢瀉紋」(おもだかもん)と称される紋章です。

「沢潟」は水生植物における多年草の一種。葉の形状が、矢の先端に装着される「」(やじり)に似ていることから別名「勝軍草」(かちいくさぐさ)とも呼ばれていたため、「福島家」や「水野家」といった多くの有力武将がその家紋の意匠に用いていました。

沢潟紋の後ろに施されているのは、中国から平安時代に伝わった植物、いわゆる「ボケ」を図案化した「木瓜紋」(もっこうもん)の意匠。こちらは「10大家紋」のひとつで、武家のみならず様々な身分の家で使われてきた家紋です。

南蛮貿易によって日本に渡来した毛織物である赤色の「羅紗」(らしゃ)に、白色を組み合わせた配色が目を引く本陣羽織は、見返しや裏地も華やかで、見映えも良いのが特徴。

また、背面下部には太さが異なる白色の斜線が配されているだけでなく、その上には、小さな沢潟の意匠があしらわれており、本陣羽織の制作者または所持者が洗練された好みを持つ人物であったことが窺えます。

本陣羽織のように、良好な保存状態で現存する陣羽織はあまり多くないため、非常に価値が高い1領です。

木瓜に沢潟紋赤羅紗陣羽織の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣羽織 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織・火事装束写真/画像」の「木瓜に沢潟紋赤羅紗陣羽織」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「木瓜に沢潟紋赤羅紗陣羽織」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード