制作時代不明

てつじあかうるしぬりろくまいばりかぶと 鉄地赤漆塗六枚張兜

鉄地赤漆塗六枚張兜

渋い赤色が古風な雰囲気を醸し出している本。鉢形は頭頂の前後を丸く張り、左右が低くなっています。

これは、筋兜(すじかぶと:鉄板を留めるを表面に出さず、鉄板の片側を折り曲げた兜)の様式の一種で、室町時代頃に流行した「阿古陀」(あこだ)の痕跡を感じさせる兜です。

兜の頭頂にある穴の周囲を装飾する八幡座(はちまんざ)は施されておらず、後正中(うしろしょうちゅう)には、真鍮(しんちゅう:銅と亜鉛の合金)で作られた笠印(かさじるし:敵味方を識別するために付けた印)付の鐶(かん)が備えられています。

当世形の眉庇(まびさし:額のひさし)の正面には、大きめの祓立台(はらえだてだい)が立てられ、大型の1段である吹返(ふきかえし)に配されているのは、蒔絵(まきえ)の技法を用いられた「唐獅子牡丹」(からじしぼたん)の意匠。さらに吹返に添えられているのは、緋糸による1段の菱縫(ひしぬい)、そして同じく1段の耳糸(みみいと:小札[こざね]の両端に使われる縅糸)です。

腰巻板は水平に伸びており、鉄地盛上板3段を緋糸で毛引(けびき)に縅し、(しころ:後頭部から首廻りにかけてを保護する部分)は、笠形に開かれています。

鉄地赤漆塗六枚張兜の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「鉄地赤漆塗六枚張兜」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「鉄地赤漆塗六枚張兜」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード