江戸時代

てつじじゅうにけんそうふくりんあこだかぶと 鉄地十二間総覆輪阿古陀兜

鉄地十二間総覆輪阿古陀兜

は、室町時代に流行した筋兜(すじかぶと)の様式のひとつである阿古陀形(あこだなり)を踏襲した桧垣付き(ひがきつき)の総覆輪(そうふくりん)当世兜です。兜鉢(かぶとのはち)の裏後正中(うらうしろしょうちゅう)には、「春田作」との銘が刻まれています。

座金物の八幡座(はちまんざ)は、金工葵紋付7段ながら、葵紋を毛彫りにした「反花」(かえりばな)が施されているのが特徴。鉢の左右には、「響孔」(ひびきあな)と呼ばれる小さな穴が開けられており、鉢の前後左右には、「四天鋲」(してんびょう)が打たれています。また、鉢の後ろ側に付けられているのは、「奈良菊鋲座」をあしらった笠印付の鐶(かん)です。

眉庇(まびさし)は当世形額金であり、その三方には、魚々子(ななこ)地唐草毛彫を施した覆輪を廻し、三光の鋲(さんこうのびょう)を打って、兜鉢に取り付けられています。1段の吹返(ふきかえし)には、皺韋(しぼかわ)をかたどった工作を施して金泥を塗られており、左右それぞれにひとつずつ打たれているのは、「小桜鋲」(こざくらびょう)です。

笠形の(しころ)は、5段の鉄板札を濃緑の糸で素懸(すがけ)に縅(おど)しており、鉄地黒塗の面具については、その裏側に朱漆塗が施されています。

鉄地十二間総覆輪阿古陀兜の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「鉄地十二間総覆輪阿古陀兜」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「鉄地十二間総覆輪阿古陀兜」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード