火事装束

江戸時代

もえぎらしゃじまるにふたつひきりょうもんつきかじしょうぞく 萌黄羅紗地丸に二つ引両紋付火事装束

萌黄羅紗地丸に二つ引両紋付火事装束

本火事装束は、武家の女性の警護用に作られた華やかな1組です。落ち着きのある深緑色が美しい、羅紗(らしゃ:厚地の紡毛織物)素材の火事装束。

陣羽織をもとに制作された「火事羽織」の背部分には、金の刺繡で「丸に二つ引両紋」と榊の葉が描かれていて豪華です。

「丸に二つ引両紋」の線は「龍」を表すと言われ、2匹の龍が天に昇ることを意味する吉祥文様。足利将軍家が使用したことで有名です。また、榊は神事に用いられる植物で、神様の力が宿ると信じられています。

火事装束は、火災時に着用する装束のことで、1657年(明暦3年)の「明暦の大火」から始まりました。

江戸時代には、「大名火消」と「町火消」が存在し、武家の警護用の衣装と火消しの作業用がありましたが、本火事装束は武家の警護用の威儀服。女性用の方が男性用よりも華奢であったとされます。緑色は炎の赤色に対して反対色(互いに拮抗する色)で目立つため、火事装束によく採用されました。

萌黄羅紗地丸に二つ引両紋付火事装束の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 火事装束 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織・火事装束写真/画像」の「萌黄羅紗地丸に二つ引両紋付火事装束」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「萌黄羅紗地丸に二つ引両紋付火事装束」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード