とんきょ帽

江戸時代

まるにうめばちもんとんきょぼう 丸に梅鉢紋とんきょ帽

丸に梅鉢紋とんきょ帽

陣笠における最大の特徴は、「とんきょ帽」と称される珍しい形状にあります。工事現場や学校の運動場などで使用されている三角コーンのように、側面が平坦になっており、従来の陣笠よりも細身で先端が尖った円錐形です。

とんきょ帽は、幕末の兵学者「高島秋帆」(たかしましゅうはん)が考案した雑兵用の被り物。西洋砲術を学んでいた高島秋帆は、幕末の動乱期における日本の軍隊でも、西洋流の兵器や戦陣を取り入れるべきだと主張し、それらに合わせた装備として、とんきょ帽の形状を編み出したのです。

表地の正面中央に配された紋章は、「梅鉢紋」(うめばちもん)と呼ばれる意匠。梅の花をかたどった紋章は、梅を好んだ「菅原道真」(すがわらみちざね)を祀る全国の多くの「天神さん」(天満宮)で、その神紋に用いられています。

また、菅原道真の末裔を名乗る「前田利家」も自身の家紋に梅紋を定めており、その意匠は、本陣笠と同類である梅鉢紋でした。「梅鉢紋」の呼称は、花の中央から放射状に伸びた花弁の形状が太鼓の「バチ」に見えることが由来です。さらに本陣笠正面下部の折り返し部分に描かれているのは、より写実的な梅の花の文様。こちらは、表地の梅鉢紋の意匠に合わせて施されたことが窺えます。

丸に梅鉢紋とんきょ帽の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 とんきょ帽 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真」の「丸に梅鉢紋とんきょ帽」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「丸に梅鉢紋とんきょ帽」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード