陣笠

江戸時代

みつばあおいもんりゅうまきえじんがさ 三つ葉葵紋龍蒔絵陣笠

三つ葉葵紋龍蒔絵陣笠

陣笠は、鉢の部分が人の頭の形に合わせて作られる「頭形陣笠」(ずなりじんがさ)に分類される形状になっており、鉢の頂点には、「八幡座」(はちまんざ)と呼ばれる装飾金物が置かれています。正面に配されているのは、「三つ葉葵紋」と称される紋章。

この意匠は、「徳川家康」が家紋に用いていたもので、徳川家康が天下を取ったことから、徳川将軍家や御三家、そしてその支流以外の家は、家紋に使用することを禁じられていました。そのため、本陣笠は徳川家と何らかのゆかりがある人物が所有していた物と見られます。

表面に蒔絵(まきえ:漆で描いた文様の上に、金や銀などの粉を蒔き付ける加飾技法)の技法で描かれているのは、龍の文様。龍はもともと、古代中国で生み出された想像上の聖獣であり、中国では皇帝の象徴とされていた意匠です。日本においては、雨を降らせる水神、あるいは農耕神として信仰対象となっており、また、天に向かって昇るイメージから、出世や名誉といった幸運を招く吉祥文様としても扱われています。

三つ葉葵紋龍蒔絵陣笠の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣笠 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜写真:三つ葉葵紋龍蒔絵陣笠」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ陣笠の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。他にも、貴重な陣笠を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。
足軽から上級の武士まで、幅広い地位の人々に使われてきた陣笠ですが、かつては武家の武威を競うために、装飾を施された物も作られました。陣笠の歴史的背景に触れるとともに、美術品としても価値のある陣笠の魅力をお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る