陣羽織

江戸時代

しゅらしゃじんばおり 朱羅紗陣羽織

朱羅紗陣羽織

陣羽織の表地に使われている鮮やかな朱色の生地は、「羅紗」(らしゃ)と呼ばれる厚手の紡毛織物。南蛮貿易によってもたらされた羅紗は、表面を起毛させたフェルトのような材質となっており、丈夫で保温性に優れていました。そのため、高級品ではありましたが、戦場での防寒着として甲冑(鎧兜)の上から着用する陣羽織に多く使われ、武将のあいだで流行した素材です。

背面に配されている紋章は、「入れ子釘抜き菱」(いれこくぎぬきびし)の文様。ここで言う「釘抜き」とは、現代のバールのような物ではなく、菱形の座金(ざがね)と鉄製の梃子(てこ)がセットになった、「万力」(まんりき)とも呼ばれる古い工具のこと。

釘抜き紋では、その座金部分のみを意匠化しており、「万の力で困難を突破する」という意味や、「釘抜き」の読みが「9城を抜く」、すなわち「9城を陥落させる」ことに通じることから、戦勝を願って用いられた紋章であると考えられています。

また、釘抜き紋の下部に大きく施されているのは、雲に乗って天まで飛翔する龍の姿を表した「雲龍」(うんりゅう)の刺繍。雲龍文は、幸運や万能の象徴とされる吉祥文様です。本陣羽織は、縁起を担いで強くありたいという武士の想いが窺える1点であると言えます。

朱羅紗陣羽織の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣羽織 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「朱羅紗陣羽織」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「朱羅紗陣羽織」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード