陣笠

江戸時代

みつどもえもんじんがさ 三つ巴紋陣笠

三つ巴紋陣笠

陣笠は、江戸時代に制作された「三つ巴紋」が描かれている陣笠です。 表面は錆色塗(さびいろぬり)で、裏側は朱漆塗。三つ巴紋の間には、を表す文様が描かれており、地の渋い錆色に金色の文様がよく馴染んでいます。

「巴紋」は、現代でも神社で使用されていることから知名度が非常に高い紋のひとつ。「巴」とは、おたまじゃくしのような形状をした文様のこと。巴を用いた紋のことを「巴紋」と言い、本陣笠に描かれている巴は3つあるため「三つ巴紋」と呼ばれます。巴の数が2つの紋は「二つ巴紋」、4つの紋は「四つ巴紋」と、呼称も形状に合わせて変化するのです。

巴紋は、武神(ぶしん:武運の神)である「八幡神」(やはたのかみ)を祭神とする八幡宮で神紋として用いられるようになったあとから、武士の間でも家紋として広く浸透していきました。家紋として巴紋を用いた人物には、「忠臣蔵」で有名な「大石内蔵助」(おおいしくらのすけ)や、戦国時代の軍師「黒田官兵衛」、新撰組の副長「土方歳三」などが挙げられます。

また、家紋として用いられたことで、武士たちの使用する武具や甲冑(鎧兜)などにも巴紋が多くあしらわれるようになりました。現代でも、国内外の有事の際に活動する陸上自衛隊「中央即応連隊」(ちゅうおうそくおうれんたい)のシンボルマークとして巴紋が使用されています。

三つ巴紋陣笠の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣笠 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜写真:三つ巴紋陣笠」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ陣笠の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。他にも、貴重な陣笠を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。
足軽から上級の武士まで、幅広い地位の人々に使われてきた陣笠ですが、かつては武家の武威を競うために、装飾を施された物も作られました。陣笠の歴史的背景に触れるとともに、美術品としても価値のある陣笠の魅力をお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る