陣羽織

江戸時代 中期

「ごしちおにきり」もんじんばおり 「五七鬼桐」紋陣羽織

「五七鬼桐」紋陣羽織

「五七鬼桐」紋陣羽織は、背中部分に「五七鬼桐」の家紋が施された、高級感漂う絹製の美しい陣羽織です。

全体に花、鳥、唐草と「分銅繋」(ぶんどうつなぎ:分銅[重量を量る重り]が並んでいる)文様があしらわれ、とても華やか。分銅は、金や銀を鋳造して貯蓄する物だったことから、富の象徴と好まれました。裏地にも、青色の金襴絹地が施されています。

なお、「五七鬼桐紋」とは、「豊臣秀吉」が使用したことで有名な、「五七桐紋」(ごしちきりもん)の変化形。桐の葉と花の形が尖っているのが特徴です。

豊臣秀吉は、「後陽成天皇」から桐紋の中でも最上位である「五七桐紋」を下賜されました。五七桐紋は、桐の葉3枚の上に、左右に5つ、中央に7つの桐の花を配したもの。皇族や権力者など、尊い人しか使用を許されなかった憧れの文様で、豊臣秀吉は自分の家臣にもこの使用を許可することで、主従関係を強化しました。

家臣達は、そのまま使うのは恐れ多いと、文様に手を加えて使用。そのため、五七桐紋には、たくさんの種類が存在します。

「五七鬼桐」紋陣羽織の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣羽織 推定制作時代 江戸時代 中期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「「五七鬼桐」紋陣羽織」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「「五七鬼桐」紋陣羽織」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード