陣笠

江戸時代

ももえばりさびじたたきぬりじんがさ 百重張錆地叩塗陣笠

百重張錆地叩塗陣笠
陣笠には、何重にも重ねて紙が張られており、その鉢は浅くなっています。漆と錆色で表面に加飾がされており、これに用いられているのが「叩き塗」(たたきぬり)と称される技法で、タンパク質の成分を持つ卵白や豆腐などを加えた漆を塗り、絹に包んだタンポ綿(綿を丸めて布などで包んだ物)で塗面を軽く叩き、縮緬(ちりめん)のような凹凸のある皺(しわ)を表します。
これにより、丈夫な仕上がりになるだけでなく、傷を目立たなくする工夫にもなるのです。 元来、一般武士は「編笠」(あみがさ)を着用していましたが、幕末の動乱期に陣笠を使用するようになったため、陣笠の色により、身分の違いを示す規定が設けられました。
本陣笠については、表面に錆色、裏地に黒塗が用いられていることから、下級武士が用いていたと推測が可能。さらに裏地には、朱書きで「近藤」という銘が刻まれており、こちらは、当時の所有者の名であると見受けられます。

百重張錆地叩塗陣笠の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣笠 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜写真:百重張錆地叩塗陣笠」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ陣笠の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。他にも、貴重な陣笠を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。
足軽から上級の武士まで、幅広い地位の人々に使われてきた陣笠ですが、かつては武家の武威を競うために、装飾を施された物も作られました。陣笠の歴史的背景に触れるとともに、美術品としても価値のある陣笠の魅力をお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る