陣笠

江戸時代

くろぬりじゅうろっけんすじじんがさ 黒塗十六間筋陣笠

黒塗十六間筋陣笠
金蒔絵(きんまきえ:漆で描いた文様に、金粉を蒔き付ける加飾技法)で本陣笠の正面に配されているのは、「三盛亀甲花菱紋」(みつもりきっこうはなびしもん)。 この意匠は、「直江家」(なおえけ)の家紋に用いていたと伝えられ、本陣笠についても、同家の分家に伝来していたことが推測されている物です。
木製に鉄縁の本陣笠は、表面は黒塗、裏地には朱塗が施されており、陣笠の鉢の頂上である「頂辺/天辺」(てへん)に位置する座金物「八幡座」(はちまんざ)は、下から「台座」・「菊座」(きくざ)・「上玉」(あげたま)と称する3つの部位が揃っています。神が宿る場所とも考えられていた八幡座は、もともと、陣笠が実戦で用いられていた時代には穴が開けられていました。
平安時代には直径が約5cmあり、髷(まげ)の髻(もとどり: 髪の毛を頭上で束ねた部分)を出して陣笠を固定していましたが、時代が下るにつれて穴が小さくなり、通気孔の役割のみになったのです。この八幡座を中心に、筋間には銀塗が施されています。塗りが多少剥がれ落ち、使用の跡も確認できますが、保存状態は良好です。

黒塗十六間筋陣笠の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣笠 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜写真:黒塗十六間筋陣笠」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ陣笠の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。他にも、貴重な陣笠を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。
足軽から上級の武士まで、幅広い地位の人々に使われてきた陣笠ですが、かつては武家の武威を競うために、装飾を施された物も作られました。陣笠の歴史的背景に触れるとともに、美術品としても価値のある陣笠の魅力をお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る