陣羽織

江戸時代 中期

まるにたちあおいもんじんばおり 丸に立葵紋陣羽織

丸に立葵紋陣羽織

青地である陣羽織の背に、白色で配されている紋章は、本多氏(ほんだし/ほんだうじ)の表紋(おもてもん)として知られる「丸に立葵紋」です。

ただし、通常の「本多立葵」は、茎の分かれ目が右側に来る、いわゆる「右離れ」の意匠ですが、本陣羽織の立葵は、「左離れ」になっています。これは、本多氏の中でも、「本多正信」(ほんだまさのぶ)の弟・本多正重(ほんだまさしげ)の系列で、上野国沼田藩(こうずけのくに・ぬまたはん:現在の群馬県沼田市)藩主であった本多家の表紋。

本陣羽織は、同藩3代藩主「本多正矩」(ほんだまさのり)より伝来しました。本多正矩は、のちに駿河国田中藩(するがのくに・たなかはん:現在の静岡県藤枝市)初代藩主にもなった大名です。

本陣羽織の裏地に使用されているのは、異国情緒漂う、個性的でお洒落な文様が描かれた輸入物の生地。保存状態も非常に良く、健全な高級品です。

丸に立葵紋陣羽織の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣羽織 推定制作時代 江戸時代 中期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「丸に立葵紋陣羽織」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「丸に立葵紋陣羽織」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード