陣羽織

制作時代不明

まるによこみつひきりょうもんかちむしずあさじんばおり 丸に横三つ引両紋勝虫図麻陣羽織

丸に横三つ引両紋勝虫図麻陣羽織

麻で作られた本陣羽織は裏地がなく、一般に夏用であったと推測されます。背の中心と前襟に「染め抜き」(そめぬき:紋の形状を白く染め抜いて表す技法)を用いて配されている紋章は、「丸に横三つ引両紋」です。染め抜きは、紋を描く技法の中で最も格式が高く、手間がかかる分、劣化もしにくいと言われています。

また、「引両」(ひきりょう:輪の中に太い横線を引いた図柄の紋章)の紋は、用いる武家によってその線の数が異なるなど様々な意匠があり、中でも「三つ引両紋」は、平安時代から鎌倉時代にかけて相模国三浦郡(さがみのくに・みうらぐん:現在の神奈川県南東部に位置する三浦半島)を領した三浦氏(みうらし)が愛用していたことで有名です。

本陣羽織に空を飛ぶ様子が描かれている蜻蛉(とんぼ)は、前にのみ進んで決して後退はしないことから、「勝虫」(かちむし/かつむし)と称された縁起物で、武士のあいだで好まれた意匠。手描きの表現と素材感とが相まって、非常に涼しげな印象を受けます。

丸に横三つ引両紋
勝虫図麻陣羽織の写真の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 陣羽織 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織写真/画像」の「丸に横三つ引両紋勝虫図麻陣羽織」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「丸に横三つ引両紋勝虫図麻陣羽織」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)、浮世絵や書画に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード