江戸時代

てつさびじさんじゅうにけんほしかぶと めい よしなが 鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)

鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)

「鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)」は、江戸時代に活躍した甲冑師一派「明珍派」(みょうちんは)の14代当主「義長」(よしなが)の作品です。

明珍派は、最も有名な甲冑師の一派であり、江戸時代には諸藩の「御抱具足師」(おかかえぐそくし)となったことで広く地方に分布しています。

甲冑(鎧兜)の「」は、三十二間の各筋に1行9点の大きな星を打った重量感のある「鉄錆地三十二間星兜」です。首周りを保護する「」(しころ)は「饅頭錣」(まんじゅうしころ)と言い、独特な丸みを帯びているのが特徴。錣の「鉄黒漆塗板物三段萌黄糸威」による緑色の縅糸(おどしいと)が兜全体に彩りを添えます。

左右にある「吹返」(ふきかえし)には、「井桁紋」と「細輪紋」を並べた個性的な家紋を配置。兜の鉢裏、後正板には「義長」とが彫られ、古式を模した品の良い1頭に仕上がっています。

鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)
の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

種 別 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「陣笠・兜・陣羽織・火事装束写真/画像」の「鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)」の写真・画像ページです。
足軽から上級武士が使用した「陣笠」や、欧州の帽子を参考にされた「とんきょ帽」、頭を守る武士の大事な武具「兜」、武将が自らの威厳を示した「陣羽織」などをご紹介。こちらでは、「鉄錆地三十二間星兜 銘 義長(兜)」の写真・画像を解説とともにご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード