鞍(くら)

制作時代不明

くろうるしじきりほうおうもんまきえくら 黒漆地桐鳳凰文蒔絵鞍

黒漆地桐鳳凰文蒔絵鞍

は、居木(いぎ:乗り手が腰を下ろす部分)の裏側に、「延寶五年二月吉日」の日付と、「花押」(かおう:署名の代わりに使用される記号)が墨書されています。そのことから、江戸時代初期の1677年(延宝5年)2月に制作したと考えられる鞍です。

本鞍、「前輪」(まえわ)・「後輪」(しずわ)の艶のある黒漆地の上には、鳳凰が羽を伸ばした様子を「金高蒔絵」(きんたかまきえ:下地塗りした漆の上に漆を盛り、その下地の上から漆で絵を描き、金粉を蒔いて乾燥させる技法)で表現。この「鳳凰」(ほうおう)とは、中国の伝説に登場する瑞鳥(ずいちょう:めでたいことの起こる前兆とされる鳥)であることから、吉祥の象徴として多くの意匠に用いられました。

そして「雉股」(きじまた:前輪・後輪の足の部分)には、「桐紋」(きりもん)の金高蒔絵が施されています。桐紋は皇室の紋である「菊紋」に次ぐ格式ある紋で、「鳳凰がとまる木」とされる神聖な植物。このため「桐紋」と「鳳凰」は一揃いで表現されることの多い意匠です。どちらの金高蒔絵も手の込んだ技が使われており、保存状態も良いことから格調高い逸品だと言えます。

黒漆地桐鳳凰文蒔絵鞍の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 不明 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「馬具(鞍・鐙・轡・四方手・革物)写真/画像:黒漆地桐鳳凰文蒔絵鞍」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ馬具の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な馬具を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。現代でも目にする馬具に施された様々な装飾の数々に触れることで、その芸術的価値の高さをぜひお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード