鐙(あぶみ)

江戸時代 中期

しげながさく てつさびじりゅうえんもんぬのめぎんぞうがんあぶみ 重長作 鉄錆地龍円文布目銀象嵌鐙

重長作 鉄錆地龍円文布目銀象嵌鐙
本鐙には、「重長作」(しげながさく)との銘が切られており、彼は、その出来映えから加賀国(かがのくに:現在の石川県南半部)の象嵌工であったと推測されます。
表面、及び馬の乗り手が足を掛ける部位である「踏込」(ふみこみ/ふんごみ:「舌」[した]とも言う)は鉄錆地で、胴の正面には、龍が円状になったいわゆる「龍円」の文様が、「布目象嵌」(ぬのめぞうがん)という技法を用いて施されているのです。「布目象嵌」とは、鉄などの地面に、様々な方向から布目のような細い切れ目を入れ、その部分へ針状にした金や銀などを嵌め込む技法。布目象嵌が日本で用いられるようになったのは、この技法を用いて装飾された鉄砲が、ポルトガルより伝来したことが始まりとされています。
本鐙においては、胴の正面部分のみならず、その上部に設けられた透かし入りの「紋板」(もんいた)に至るまで、布目象嵌による文様が配されていることが特徴です。

重長作 鉄錆地龍円文布目銀象嵌鐙の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 江戸時代 中期 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「馬具(鞍・鐙)写真:重長作 鉄錆地龍円文布目銀象嵌鐙」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ馬具の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な馬具を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。現代でも目にする馬具に施された様々な装飾の数々に触れることで、その芸術的価値の高さをぜひお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る