鐙(あぶみ)

江戸時代 中期

よししげさく てつじこもちまつかわびしにはなびしつなぎぎんぞうがんあぶみ 吉重作 鉄地子持松皮菱ニ花菱繋銀象嵌鐙

吉重作 鉄地子持松皮菱ニ花菱繋銀象嵌鐙
本鐙を制作した「吉重」とは、名象嵌工として活躍した8代目吉重のこと。初代吉重は、「加賀象嵌」(かがぞうがん)の名鐙師「次郎作国永」の弟で、加賀藩3代藩主「前田利常」(まえだとしつね)に招聘された名工。加賀象嵌には、刀工が行なう「装剣金工」と馬具工が行なう「鐙」があり、特に鐙は突出した美しさで名声を博しました。
本鐙は、鉄地すべてに「子持松皮菱ニ花菱」の模様を、繋文(つなぎもん)という、ひとつの模様をつなげて連続させているのが特徴です。「松皮菱」は、松の表皮に似ていることから名付けられましたが、菱形の上下に小さい菱形が付いているように見えることから、「子持ち菱形」とも呼ばれています。「花菱」は、4弁の菱形唐花のこと。甲斐源氏一門の武田氏の家紋としても有名ですが、平安時代から用いられている、とても格調高い文様。
「紋板」の透かしは七段梯子で、「舌」(した)と呼ばれる足を置く部分が鮮やかな朱色で塗られ、優美です。

吉重作
鉄地子持松皮菱ニ花菱繋銀象嵌鐙の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 江戸時代 中期 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「馬具(鞍・鐙)写真:吉重作 鉄地子持松皮菱ニ花菱繋銀象嵌鐙」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ馬具の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な馬具を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。現代でも目にする馬具に施された様々な装飾の数々に触れることで、その芸術的価値の高さをぜひお楽しみ下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る