鞍(くら)

江戸時代 後期

くるうるしぬりぎんぼたんしゅからくさもんぐんじんくら 黒漆塗銀牡丹朱唐草文軍陣鞍

黒漆塗銀牡丹朱唐草文軍陣鞍

には、「金泥」(きんでい:膠[にかわ]で金粉を溶いた物)で「軍陣鞍ノ形打 政元作」の銘が記されています。「鞍」の骨格を成す「鞍橋」(くらぼね)は、全体的に厚みがあって頑丈な造りとなっており、重量は3,300g。「鞍壺」(くらつぼ:人がまたがる部分)が深くなっています。

「前輪」(まえわ)と「後輪」(しずわ)の外側中央に銀で細い輪が描かれ、その中に銀牡丹文を蒔絵で表現。その左右には朱で唐草文が描かれています。

「軍陣鞍」(ぐんじんくら)とは、平安時代以降に軍用に用いられるようになった鞍で、甲冑(鎧兜)をまとった武将が乗っても安定するように、前輪と後輪が高く肉厚になっている鞍のこと。本鞍の前輪・後輪を補強する「覆輪」(ふくりん)が剥落した部分には、当初の覆輪であったと考えられる物が残存しています。

本鞍の装飾については、江戸時代末期に施された物であると考えられますが、乗り手が腰を下ろす「居木」(いぎ)の両端にある穴についての詳細は不明です。

黒漆塗銀牡丹朱唐草文軍陣鞍の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 江戸時代 後期 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「馬具(鞍・鐙・轡・四方手)写真/画像:黒漆塗銀牡丹朱唐草文軍陣鞍」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ馬具の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な馬具を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。現代でも目にする馬具に施された様々な装飾の数々に触れることで、その芸術的価値の高さをぜひお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード