鞍(くら)

江戸時代

こくもちたてもっこうもんいちまつもんきんまきえらでんうみくら 石持竪木瓜紋市松文金蒔絵螺鈿海有鞍

石持竪木瓜紋市松文金蒔絵螺鈿海有鞍

の「前輪」(まえわ)と「後輪」(しずわ)の外側は、「海」(うみ:前輪・後輪の外側のくぼんでいる部分)に黒漆地の「金蒔絵」で「市松模様」(いちまつもよう)を描き出し、「磯」(いそ:前輪・後輪の外側で隆起している部分)には「螺鈿」(らでん:貝殻を文様形に切り出して、器物の表面に貼り付けたり、嵌め込んだりして、その上から漆で固めた物)を密に敷き詰めています。

そして、前輪と後輪の外側の中央には、「金沃懸地」(きんいかげじ:蒔絵の手法のひとつで、金粉を密に蒔いた上から漆をかけ、研ぎ出す手法)で「石持」(こくもち:黒い餅[黒餅]を象った印のこと=黒丸)の中に「竪木瓜紋」(たてもっこうもん)が描き込まれているのです。

前輪・後輪の内側と乗り手が腰を下ろす「居木」(いぎ)の表面は「叢梨子地」(むらなしじ:梨子地粉の蒔き方にむらを持たせ、淡蒔[うすまき]の中に斑を現わす手法)で、居木は螺鈿になっています。

鹿皮に菖蒲が染め抜かれた「菖蒲韋」(しょうぶかわ)を丸く絎けた(くけた:縫い目が表に出ないようにする縫い方)「丸絎け紐」を環状にして「四方手」(しおで:鞍の前輪と後輪の左右4ヵ所に付けた金物の輪で「胸繋」[むながい:「鞍橋」(くらぼね) を固定するため、馬の胸から前輪の四方手につなぐ緒]と、「尻繋」[しりがい:鞍橋を固定するために、馬の尾の下から後輪の四方手につなぐ緒]を留めるための部品)としているのです。

本鞍は、全体的に出来ばえがよく、保存状態も良好だと言えます。

石持竪木瓜紋市松文
金蒔絵螺鈿海有鞍の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 江戸時代 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「馬具(鞍・鐙・轡・四方手・革物)写真/画像:石持竪木瓜紋市松文金蒔絵螺鈿海有鞍」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ馬具の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な馬具を様々な角度からじっくり観ることができる写真も多数掲載。現代でも目にする馬具に施された様々な装飾の数々に触れることで、その芸術的価値の高さをぜひお楽しみ下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード