安土桃山時代

しろじくろすじちがいうえくろくようしたしろひきりょうもんのぼり 白地黒筋違上黒九曜下白引両紋幟

白地黒筋違上黒九曜下白引両紋幟

は、戦国武将細川忠興」が「関ヶ原の戦い」の際に所用したと言われる幟です。

幟上部の白地に大きく描かれているのは、「九曜紋」。中央には、黒の筋違い染めが施され、下部には「二つ引両」が描かれています。九曜紋と引両は、どちらも細川家が用いた家紋です。

裏に貼られた墨書きには、「忠興公関ヶ原ノ役、御用イアラセラレ候御昇、弐拾五本内」と記してあり、これを現代の言葉に訳すと「細川忠興が関ヶ原の戦いで使用した25張の幟のひとつ」となります。

本来、幟や指物は合戦等に使用される実用具であり、消耗品としての性質が強いために、意匠や変遷に関する資料や記録が残されることはほとんどありません。

細川忠興が所用した幟などに関しても例外ではなく、文献などには記されているものの、現存の遺物はごく僅かであることから、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで細川忠興がどのような幟を使用していたのかは不明でした。

細川忠興は、関ヶ原の戦いのあと、肥後国(現在の熊本県)「八代城」(やつしろじょう)に隠居します。その後、四男「細川立孝」(ほそかわたつたか:肥後熊本藩の支藩「宇土藩」[うとはん]の藩主)と五男「細川興孝」(ほそかわおきたか)に幟50張のうち、それぞれ25張ずつを分与しました。分与された幟は、細川立孝の「宇土細川家」、及び細川興孝の「細川刑部家」(「長岡刑部家」、「子飼[こかい]細川家」とも呼ばれる)の両家に伝来します。

なお、50張のうち、1張は熊本県熊本市の「島田美術館」が所蔵し、2張は細川刑部家が保管していると言われていますが、残りは所在不明です。

本幟は、現存が確認されている3つの幟と同様の意匠と寸法であることから、細川忠興が関ヶ原の戦いで所用した幟と推測され、史料的な価値が高い大変貴重な遺物と言えます。

白地黒筋違上黒九曜下
白引両紋幟の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 寸法(縦×横) 380cm×120cm
代表的な
所蔵伝来
細川忠興 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「白地黒筋違上黒九曜下白引両紋幟」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード