指物

制作時代不明

しろじすじかいすそもえぎ さしものはた 白地筋違裾萌葱 指物旗

白地筋違裾萌葱 指物旗

は、具足の背中に差し立てる旗指物です。三幅(みの)の旗で、上縁に袋縫い(旗を固定するために縁を筒状に縫製すること)を施し、片側には「乳」(ち:旗に取り付ける輪状の布や革のこと)を8つ縫い付け、もう片側と下縁は三つ折り縫いです。

また、全面に格子状の力縫いをすることで、旗の強度を上げています。 白地旗の左下隅は、萌葱色(もえぎいろ:黄色がかった緑色)で斜めの線を引いて意匠を凝らしており、縫製と状態のどちらも良好です。

下部にある2つの乳には、それぞれ「九字紋」(くじもん)と「安倍晴明紋」(あべのせいめいもん)が刺繍されています。 「九字」は、道教における呪文の一種。陰陽師「蘆屋道満」(あしやどうまん)が用いたと言われる縦4本、横5本の格子状になった印を「九字紋」と呼びます。

「安倍晴明紋」は、陰陽師「安倍晴明」が用いた印「五芒星」(ごぼうせい)のこと。どちらの印も、魔除けの役割を持っています。九字紋は、「遠山の金さん」で知られる江戸北町奉行「遠山景元」(とおやまかげもと)が江戸時代前期頃まで家紋に使用していました。

白地筋違裾萌葱 指物旗の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 指物 寸法(縦×横) 110.5cm×93.5cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「白地筋違裾萌葱 指物旗」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード