指物

制作時代不明

おだもっこうもん ほうがんばた 織田木瓜紋 縫含旛

織田木瓜紋 縫含旛

は、具足の背中に立てた指物用の旗と推定されます。材質は、平絹。生地の左側と上縁は袋縫い(旗を固定するために縁を筒状に縫製すること)、下縁は3つ折り縫い、右側の縁は何も施されていない状態です。

中央のやや上にある模様は、直径約18cmの「織田木瓜紋」(おだもっこうもん)。織田木瓜紋は、「織田信長」が家紋として使用した紋のこと。

木瓜紋は、もともと神殿や宮殿で使っていた御簾(みす:すだれ)上部の帽額(もこう:御簾の上部に飾る横長の幕)に付けられた、円形の模様にちなんでおり、帽額の文様は、鳥の巣を上から見た形に見えるため、「窠紋」(かもん)とも呼ばれます。

右下にある模様は、「子持分銅紋」(こもちふんどうもん)。分銅紋は、中国で用いられていた銀貨「銀錠」(ぎんじょう)をもとにした模様で、日本では縁起の良い紋として浸透し、近世城郭の石垣に刻まれることもありました。

織田木瓜紋 縫含旛の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 指物 寸法(縦×横) 43cm×41.6cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「織田木瓜紋 縫含旛」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード