指物

制作時代不明

まるにかじのは さしものはた 丸ニ梶ノ葉 指物旗

丸ニ梶ノ葉 指物旗

は、具足の背中に差し立てる旗指物です。

素材は平絹。一幅(ひとの)の生地で、片側には袋縫い(旗を固定するために縁を筒状に縫製すること)を施し、上下の縁は3つ折り縫い。一面に施されているのは、縦20cm、横5cm間隔の格子縫い。

袋縫いの上下端には、黒い「韋」(なめしがわ:加工しやすいように処理を施した動物の皮)が補強のために縫い付けてあります。

中央のやや上には、約30cm四方の黒地があり、中には白抜きの「丸に梶の葉紋」。「梶の葉」は、神に捧げる供物を盛り付ける器として、古くから使用されてきた植物です。

「梶の葉紋」は、全国に約25,000社ある「諏訪神社」が神紋に用いており、諏訪神社が使用する梶の葉紋は「諏訪梶の葉」と呼ばれます。

丸ニ梶ノ葉 指物旗の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 指物 寸法(縦×横) 121cm×28cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「丸ニ梶ノ葉 指物旗」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、刀剣・日本刀の歴史や雑学、刀剣・日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣・日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

注目ワード