指物

江戸時代 後期

しらじだいじ さしものはた 白地大字 指物旗

白地大字 指物旗

指物の生地は、絹と繻子(しゅす:サテンのこと)。一幅(ひとの:織物の一般的な幅。30~36cm)の旗で、周囲を紅の笹縁(ささべり:縁取り)で包んで補強。

上縁に繻子製の乳(ち:竿を通すために付けられた帯状の布)を3個、片方の側面に6個を紫糸で縫い付け、上部には墨で大きく「大」の文字を描いています。

「大」の字を家紋として使用したのは、現在の島根県邑智郡阿須那に城を築き、安芸(現在の広島県西部)と石見(現在の島根県西部)を支配した高橋氏です。

石見高橋氏は、伊予国高橋郷(現在の愛媛県今治市)を拠点とした大宅氏の流れを汲むことから、大宅氏の「大」を用いたと考えられています。

白地大字 指物旗の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 指物 寸法(縦×横) 65cm×25.7cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「白地大字 指物旗」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード