馬標

江戸時代 後期

あかじしろみつばあおいもん うまじるし 赤地白三ツ葉葵紋 馬標

赤地白三ツ葉葵紋 馬標

は合戦の際に、大将が張り立てた馬標(うまじるし:大将が存在を示すための旗で馬験や馬印とも書く)です。

材質は平絹。五幅(いつの)の旗で、片側に紺色の「乳」(ち:旗に取り付ける輪状の布や革のこと)を9個付けてありますが、最下部には、もう1個乳があったと推測されます。全面に8.5cm角で施されているのは、補強のための格子縫い。

朱色で染められた生地の中央には、「三ツ葉葵紋」が白抜きで現わされています。三ツ葉葵紋は、「葵紋」の一種。葵紋は、ウマノスズクサ科の植物で、葉がハートの形状をしているのが特徴。

また、江戸幕府を開いた「徳川家康」が家紋として使用したことでも有名で、徳川家が使用した三ツ葉葵紋は「徳川葵」とも呼ばれています。江戸時代以降、徳川家は権威を象徴するために、徳川紋と似た形状の三ツ葉葵紋の使用を全国的に禁じました。

赤地白三ツ葉葵紋 馬標の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 馬標 寸法(縦×横) 241cm×162.5cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「赤地白三ツ葉葵紋 馬標」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード