制作時代不明

くろしろだんだん しろきふじともえもんのぼり 黒白段々 白キ藤巴紋幟

黒白段々 白キ藤巴紋幟

の素材は白い絹。三幅(みの)の大きな旗で、戦場の陣場に差し立てたです。

黒と白の段々に染め分けされており、全面に施されているのは、補強のための細かい格子縫い。

周囲に返し縫いを施し、片側の縁には18個の「乳」(ち:旗に取り付ける輪状の布や革のこと)を付け、上端部には7個の乳が付けてあります。

上部に大きく描かれているのは、「藤巴紋」。藤巴紋は、「藤紋」を巴状に描いた家紋で、藤紋は苗字に「藤」が付く家の家紋に用いられることが多いです。

藤は、藤原氏にゆかりのある植物として知られていますが、藤原氏で家紋に藤紋を用いたのはわずか7家でした。なお、武家では大名や幕臣を合わせると171家が家紋として使用しています。

藤巴紋は、筑前国(現在の福岡県北西部)福岡藩の「黒田家」が用いた家紋として有名です。

黒田家の家伝によると、「黒田官兵衛」の通称で知られる「黒田孝高」が、謀反を起こした「荒木村重」によって有岡城に幽閉されたときに、小窓から藤の蔓が見えたことから、家紋に藤を使用するようになったと記されています。

黒白段々 白キ藤巴紋幟の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 寸法(縦×横) 326cm×105cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「黒白段々 白キ藤巴紋幟」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード