流れ旗

制作時代不明

もんしょうつき ながればた 紋章尽 流れ旗

紋章尽 流れ旗

は、上部の縁に芯として篠竹を入れて旗上とし、その中央には、紐が備え付けられています。生地の縁は耳のままの状態です。

本旗の上には紺色で「引両」(ひきりょう)、その下には丸に縦三つ引紋、松皮菱紋、五三桐紋が紺色で型染めされています。

本旗の下部に型染めされている五三桐紋を用いた武将と言えば「豊臣秀吉」が有名ですが、実は豊臣秀吉がこの紋章を使用した期間は、それほど長くないと言われ、「豊臣」姓と共に朝廷から下賜されたという見解が一般的です。

紋章尽 流れ旗の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

カテゴリ名 流れ旗 寸法(縦×横) 200cm×35cm
代表的な
所蔵伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣・日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「紋章尽 流れ旗」の詳細ページです。
戦場で自軍の勢力を示し、敵味方の区別を付けるために使用されていた旗指物。種別・大きさ等の詳細情報や様々な角度から見ることができる写真などを掲載しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード