掛け軸

制作時代不明

だてまさむねしょじょう とうどうたかつぐあて 伊達政宗書状 藤堂高次宛 六月四日

伊達政宗書状 藤堂高次宛 六月四日

伊達政宗」(だてまさむね)が「藤堂高次」(とうどうたかつぐ)に宛てた書状です。伊達政宗は、「独眼竜政宗」の異名でも知られる戦国武将仙台藩の初代藩主です。宛先の藤堂高次は江戸時代前期の大名で、伊勢国津藩(現在の三重県)の2代藩主となりました。

「伊達政宗書状 藤堂高次宛 六月四日」は、藤堂高次の使者が酒宴の礼を伝えに訪れた際、酔っていて返答できなかったことを詫びる内容となっています。

また、贈った刀は一、二度試し斬りをしていることも記されました。

大名間での刀剣贈答は折に触れて行われており、本書状はその一例を示すものと言えます。

日付の下に書かれているのは、伊達政宗の花押(かおう)。鳥のセキレイの形をしています。花押は署名の一種で、書判(かきはん)とも言い、自分の名前を組み合わせたものや記号のようなものなど多種多様。同じ人物が複数の花押を使い分けることもありました。

伊達政宗書状 藤堂高次宛 六月四日

伊達政宗書状
藤堂高次宛 六月四日の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「伊達政宗書状 藤堂高次宛 六月四日」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード