絵画

江戸時代 中期

もうりもとなりじゅういちしょうがふく 毛利元就十一将画幅

毛利元就十一将画幅

「毛利元就十一将画幅」(もうりもとなりじゅういちしょうがふく)は、戦国時代に安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)を拠点とした戦国武将毛利元就」(もうりもとなり)を中心に据え、「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)や「吉川元春」(きっかわもとはる)、「宍戸隆家」(ししどたかいえ)らを筆頭に、有力な家臣達を周囲に配した「座備図」(ざそなえず)と呼ばれる画幅です。

本画幅の形式である座備図は、江戸時代に流行した図像で、毛利元就十一将を題材とした他にも、武田二十四将や徳川十六神将などを題材とした座備図が多く制作されました。

毛利元就は、毛利家が藩主を務めた長州藩(ちょうしゅうはん:現在の山口県北西部)においては崇敬の対象となり、正月や端午の節句などの祝日には座備図が制作され、祖先の功績を称えられたのです。なお、画幅によっては描かれる家臣やその数が変わることもあり、毛利十八将を題材とすることもありました。

内箱には「大江元就公御座備 伝長富卯門廣勝筆」と記されており、本画幅は江戸時代中期に長州藩で活動した画家「長富等一」(ながとみとういつ:実名が廣勝、通称が右門)が描いたと伝わる作品です。長富家は代々毛利家に仕えた家柄で、本画幅においても、祝日に藩祖・毛利元就を称えるために制作されたものだと推察されます。

毛利元就十一将画幅

毛利元就十一将画幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 中期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「毛利元就十一将画幅」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード