書跡

安土桃山時代

まえだげんい しょじょう 前田玄以 書状

前田玄以 書状

本状は僧侶出身でありながら、「織田信長」や「豊臣秀吉」といった名立たる武将達に仕えた「前田玄以」(まえだげんい)が、「鳥居小路」(とりいこうじ)宛に送った書状です。

鳥居小路は、「青蓮院門跡」(しょうれんいんもんぜき:京都市東山区)の坊官を務めた人物。この頃、豊臣政権における「五奉行」(ごぶぎょう)のひとりでもあった前田玄以は「民部卿法印」(みんぶきょうほういん:「民部卿」=民部省の長官、「法印」=僧侶に与えられた称号)の官位を賜っており、公家や寺社との折衝役を担当していました。

前田玄以が同官位を叙任されたのは、1584年(天正12年)であったことから、本状は、それ以降に発給されたと推測されているのです。

本状で「大仏の儀」として言及されているのは、豊臣秀吉が造営を計画した「東山大仏」にまつわる事柄であったと考えられています。東山大仏は、戦火で焼失した「東大寺」(奈良県奈良市)大仏の代わりとするために、豊臣秀吉がその建立を発願。その後、東山大仏を安置するための「方広寺」(ほうこうじ:京都市東山区)も創建されています。

本状には、「東山大仏に関連する仏堂などの建築物について、指示しようとは考えていますが、この書状では、その詳細を申し上げることはしません」という一文があることから前田玄以は豊臣秀吉の家臣として、東山大仏の普請(ふしん)を指揮していたことが確認できます。

前田玄以 書状

前田玄以 書状の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「前田玄以 書状」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード