書跡

安土桃山時代

なおえかねつぐ じょうしょ 直江兼続 条書

直江兼続 条書

本状は、米沢藩(現在の山形県米沢市)初代藩主「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)の家老として仕えた「直江兼続」(なおえかねつぐ)が、京都での滞在中、1595年(文禄4年)に発給した「条書」(じょうしょ)です。

条書とは、主家の立場にある武家が領民達に対し、命令を発する際に交付された文書のこと。戦国時代の条書には、軍事的な命令や、法令などが箇条書きで書かれ、それらを強制的に守らせる効力がありました。宛名にある「立岩喜兵衛」(たていわきへえ)は、庄内藩金山(現在の山形県最上郡)の代官などを務めていた人物。

本状には「勝手な振る舞いをしていた小沢氏の知行を没収し、大浦(現在の山形県南陽市)にその身を移させること」、「雪のために3分の1ほど残っている櫛引郡(くしびきぐん:現在の山形県東田川郡)の検地は、引き続き行うこと」、「現地で起こった問題などについての算用は、そちらに任せるので上洛は不要。報告だけ送って下さい」というような内容が、7条に亘って記されています。

上杉景勝による領国経営の一助となるべく、直江兼続が国元(くにもと:大名の領地)に対して、様々な指示を出していたことが窺える文書です。

直江兼続 条書

直江兼続 条書の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「直江兼続 条書」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード