書跡

安土桃山時代

はしばひでよし はんもつ 羽柴秀吉 判物

羽柴秀吉 判物

本状は1577年(天正5年)、「羽柴秀吉」(のちの「豊臣秀吉」)が芸事を生業(なりわい)としていた「猿若」(さるわか)宛てに送った「判物」(はんもつ)です。

「判物」は、「知行宛行状」(ちぎょうあてがいじょう)とも呼ばれ、主君から家臣などへ所領を安堵したり、俸禄を給与したりする際にその証しとして与えた文書のこと。

本状において羽柴秀吉は、鉄砲の生産地として知られていた国友河原(現在の滋賀県長浜市)の地を猿若に与えること、そして一層奉公に励むよう伝えています。

猿若にあてがわれた国友川原の地は、1573年(元亀4年/天正元年)、羽柴秀吉が「浅井家」(あざいけ)への侵攻で挙げた武功により、主君「織田信長」より賜った北近江3郡のうちの一部でした。

1577年(天正5年)、羽柴秀吉は織田信長軍に属する武将として各地を転戦していたため、領地である長浜にはあまり滞在していなかったと考えられており、羽柴秀吉による領内での政治について記された史料は、あまり多く残されていません。このようなことからも本状は長浜時代の羽柴秀吉について窺い知れる貴重な史料であると言えます。

羽柴秀吉 判物

羽柴秀吉 判物の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「羽柴秀吉 判物」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード