掛け軸

江戸時代

とくがわつなよしごないしょ 徳川綱吉御内書

徳川綱吉御内書

「徳川綱吉御内書」は、江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)が本願寺に宛てて出した「御内書」(ごないしょ)です。

徳川綱吉は3代将軍「徳川家光」の四男。儒学(じゅがく)に傾倒し、その振興のため江戸の湯島に「湯島聖堂」(ゆしませいどう)を建立しました。また、「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)を発令した人物としても有名です。

本書状は、本願寺から歳暮の祝いで小袖(こそで)が贈られたことに対する返礼状です。御内書とは、将軍家が出す書状形式の文書のことで、室町時代から使われています。江戸時代になると、端午(たんご)・重陽(ちょうよう)・歳暮の祝儀に対する返礼状として用いられました。

また、御内書の交付は老中が担当しており、本書状の場合は「大久保加賀守」(大久保忠朝)の名が書かれています。

徳川綱吉御内書

徳川綱吉御内書の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「徳川綱吉御内書」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード