掛け軸

制作時代不明

かつかいしゅう にぎょうしょふく 勝海舟 二行書幅

勝海舟 二行書幅

「勝海舟 二行書幅」は、幕末から明治にかけて活躍した政治家・勝海舟(かつかいしゅう)による二行書幅です。西南戦争で敗れ、鹿児島の城山(しろやま)で自刃した西郷隆盛(さいごうたかもり:号は南州)を悼んで、勝海舟が詠んだ漢詩「弔南洲」(なんしゅうをとむらう)を抜粋しています。

悠然事躬耕 嗚呼一高士

不圖遭世變 甘受賊名訾

現代語に訳すると、「悠然と自ら田を耕した高潔な人よ。図らずとも世の政変に遭遇し、逆賊の誹りを受けるとは」という意味です。

「悠然」(ゆうぜん:ゆったりとしている様子)という言葉は、中国の魏晋南北朝の詩人「陶淵明」(とうえんめい)作「飲酒」(いんしゅ)のなかの漢詩「悠然見南山」に由来していると思われます。

「悠然見南山」は、夏目漱石(なつめそうせき)が「草枕」(くさまくら)において「超然と出世間的に利害損得の汗を流し去った心持ちになれる」詩歌としており、幕末から明治時代にかけての教養人に馴染み深い詩でした。「躬耕」(きゅうこう)とは帝王が自ら田を耕すことを、「高士」(こうし)は高潔な人を示しています。

勝海舟 二行書幅

勝海舟 二行書幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「勝海舟 二行書幅」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード