絵画

江戸時代

とさみつさだ たけだにじゅうよんしょうがふく 土佐光貞 武田二十四将画幅

土佐光貞 武田二十四将画幅

本書画に描かれている「武田二十四将」は、戦国時代の武将「武田信玄」に仕えた配下を指します。

また、武田二十四将の呼び名は、戦国期に実在した職名ではなく、後世の講談や軍記などで評価の高かった人物達の呼称です。主に上段中央に位置するのが武田信玄で、本書画もそのように描かれています。

江戸時代では、戦国大名やその家臣団を描いた画がよく制作されましたが、廃絶大名家でありながら、多数の作品が残る大名家は武田家のみ。

武田家遺臣達が徳川家に庇護されていたことと、江戸時代に書かれた武田家の軍記物「甲陽軍鑑」(こうようぐんかん)が普及したことが、功を奏したと考えられます。

本書画を描いた「土佐光貞」(とさみつさだ)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した「土佐派」の絵師。土佐派は、室町時代から続く朝廷の御用絵師で、日本的で繊細な画風を得意とする流派です。

土佐光貞は、土佐派の別家に属し、本家の兄「土佐光淳」(とさみつあつ)と朝廷の「絵所預」(えどころあずかり:朝廷の屏風や障子を制作する役職)に任命。1787年(天明7年)には、天皇の即位後はじめて行なう儀式「大嘗祭」(だいじょうさい)に用いられる「大嘗会悠紀主基屏風」(だいじょうえゆきすきびょうぶ)を描き、目覚ましい活躍を見せます。

兄・土佐光淳が亡くなると本家の中心として朝廷からの依頼、内裏造営(だいりぞうえい)を遂行し、さらに土佐光貞自身は、清涼殿(せいりょうでん)の障壁画などを描きました。

1802年(享和2年)、土佐光貞は朝廷の官位・従四位上(じゅしいじょう)に昇叙し、以降も優れた才能で別家を繁栄に導きました。

土佐光貞 武田二十四将画幅

土佐光貞 武田二十四将画幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「土佐光貞 武田二十四将画幅」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード