絵画

制作時代不明

とくがわけ はたじるしず 徳川家 旗印図

徳川家 旗印図

「徳川家 旗印図」に描かれたのは、徳川家の「旗印」(はたじるし)や「馬標」(うまじるし)。旗印は合戦で使われた軍旗のことです。馬標は旗印が発展してできた物で、総大将の本陣を示しました。

その他、船に掲げた「船印」や幕、「指物」(さしもの:軍陣で自らの存在や所属を示すために身に着けた小旗)も描かれています。

指物は、「四半」(しはん)、切裂(きっさき)、折掛(おりかけ)など様々な形状がありました。

いずれも武将によって意匠が異なるため、旗印などを見れば誰の軍陣か分かるのです。無地の物もありますが、模様や文字を描き人目をひく意匠の物が多くあります。

徳川家では、葵紋や日の丸の意匠が用いられていました。

徳川家 旗印図

徳川家 旗印図の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「徳川家 旗印図」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード