書跡

室町時代

たけだしんげん りゅうしゅいんじょう(そうしゃ やまがたさぶろうひょうえのじょう) 武田信玄 龍朱印状(奏者 山縣三郎兵衛尉)

武田信玄 龍朱印状(奏者 山縣三郎兵衛尉)

武田信玄の朱印状のひとつ「龍の朱印」は大きく分けて「上り龍」「下り龍」の2種類があり、本朱印状には右足に玉を掴む下り龍の印が押されています。

この龍朱印状の管理者は、山縣昌景(やまがた まさかげ)、跡部勝資(あとべ かつすけ)、土屋昌次(つちや まさつぐ)などごく少数の重臣に限られており、彼らが武田信玄の意向を文書にしたため、龍朱印を捺印していたのです。

本朱印状は、そのなかのひとりである山縣昌景によって作られた朱印状。宛名が書かれていませんが、郷内または制圧した豪族に出された朱印状で、武田信玄が普請(ふしん:土木工事の労役)のための人手を求めている旨が記されています。

とても簡潔な内容ですが、最後に「前に約束した通りに、軍役を務めた者には俸禄(ほうろく:大名に仕えた者が受ける給与のこと)を与える」と念押しして締め括られていることから、この普請が急を要するものであることが想像できます。

山縣昌景は武田四天王のひとりに数えられ、その部隊は軍装を赤で統一した「赤備え」として恐れられていました。

なお、「元亀(げんき)元年3月26日」の日付けは、文頭の「辛未(かのとひつじ)」の記述から「元亀2年3月26日」の誤りであると思われます。

武田信玄 龍朱印状(奏者 山縣三郎兵衛尉)

武田信玄龍朱印状
(奏者 山縣三郎兵衛尉)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 室町時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「書画・絵画・屏風 写真/画像」では、様々な種類の書画・絵画と源平合戦の名場面を描いた屏風を一覧で掲載。こちらではそのなかから、「武田信玄 龍朱印状(奏者 山縣三郎兵衛尉)」の写真・画像がご覧頂けます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード