矢籠・矢屏風

江戸時代

しこ 矢籠(矢20本付)

矢籠(矢20本付)
矢を携帯するのに用いられる「矢籠」(しこ)は、竹や葛藤(つづらふじ)のツルなどで編まれた簡易的な物がよく観られますが、本矢籠は革包みになっており、厚手で丈夫な作りであることが大きな特徴です。
全体に唐草の文様があしらわれ、正面に透かしで大きく配されているのは、魔除けの意味を持つ「猪の目」(いのめ)。背面にある留め具を用いて、本矢籠を腰に差していたと考えられています。
また、本矢籠に備えられた矢には、しっかりとした矢羽と鏃(やじり:矢の先端に取り付け、目標物を突き刺す部分)が20本すべてに装着されており、保存状態が良好であることが窺えるのです。
矢の持ち手部分である箆(の)に施された節(ふし)は黒漆塗。さらには、「羽中節」(はなかぶし)と呼ばれる矢羽の中の節に、蒔絵(まきえ:漆で描いた文様の上から、金粉や銀粉などを蒔き付けて表面に定着させる技法)の技法で、矢籠と同じ唐草の文様が描かれています。他にあまり類を見ない、珍しい形状の矢籠です。

矢籠(矢20本付)の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 江戸時代 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「弓・矢屏風・鏃写真/画像:矢籠(矢20本付)」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ弓矢や矢籠(しこ)・矢屏風・鏃(やじり)の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な弓矢を様々な角度からじっくり見ることができる写真も多数掲載。戦や狩猟の道具としてだけでなく、祭礼など日本の文化や歴史と密接な関係がある弓や矢籠・矢屏風・鏃の知識を得ることで、その魅力に触れてみて下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード