制作時代不明

あおがいみじんにひきりょうしげとうそばくろゆみ 青貝微塵二引両重籐側黒弓

青貝微塵二引両重籐側黒弓

本弓は、竹と木を合わせた「合弓」(あわせゆみ)に、竹と木が外れないように「籐」(とう:ヤシ科の植物)で巻き締めた「重籐弓」(しげとうゆみ)です。

本弓の両端と側面には、黒漆に「青貝微塵塗」(あおがいみじんぬり:青貝を微細に砕いて漆で塗り込める変塗[かわりぬり]の技法)が施されており、角度によってはキラキラと輝いているように見え、大変美しい出来になっています。

青貝微塵塗は本来、日本刀(刀剣)の「」(こしらえ:刀身を入れる)によく用いられる技法で、本弓のように青貝微塵塗が施されている弓は非常に珍しいです。そもそも弓は、木や竹などの自然素材が主流であり、防虫や腐敗防止に漆などの加工を施さなければ傷んでしまうため、史料として現代まで残っている弓は多くありません。というのも、実戦で使用する弓は、表面を削ることで形や強度を使用者の好みに合わせて調整しており、表面に漆などの加工が施されなかったためです。

本弓の名称にある「二引両」(にひきりょう)は、家紋の図案のひとつで、その線の数によって「二つ引両」や「三つ引両」と呼ばれていました。本弓の各節の部分に巻かれた籐が、それぞれ2本連続して上下に巻かれているため、この名称が付けられたと言われています。

青貝微塵二引両重籐側黒弓の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 不明 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「弓・矢屏風・鏃写真:青貝微塵二引両重籐側黒弓」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ弓矢や矢籠(しこ)・矢屏風・鏃(やじり)の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な弓矢を様々な角度からじっくり見ることができる写真も多数掲載。戦や狩猟の道具としてだけでなく、祭礼など日本の文化や歴史と密接な関係がある弓や矢籠・矢屏風・鏃の知識を得ることで、その魅力に触れてみて下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る