制作時代不明

くろうるしぬりむらしげとうつよゆみ 黒漆塗村重籐強弓

黒漆塗村重籐強弓

弓は、戦国時代に鉄砲が伝来するまでは、主力武器とされていました。有効射程は80mほどあり、鉄砲とも大差なし。したがって、鉄砲と共に使われ続け、さらに進化していきました。

強弓(つよゆみ)は、たった1本でも脅威と言われた秘密兵器。技量があれば、1矢で2~3人を射抜くことができたため、多くの武将に恐れられました。馬上で扱うには長すぎますが、これを自由に操ることが、猛者の証と言われたのです。

本弓の「村重籐」(むらしげとう)とは、黒漆塗の上に適当な間隔を空けて籐をまばらに巻いた巻き方を呼んだもの。合弓(あわせゆみ:複数の素材を張り合わせた弓)にしたことで、弾力が増し、射程距離を伸ばすなど、威力の向上に成功しています。籐は素材の色を活かした巻き方。経過によって美しく、まるで象牙のように見事な色艶を醸し出しています。

黒漆塗村重籐強弓の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 不明 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「弓・矢屏風・鏃写真:黒漆塗村重籐強弓」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ弓矢や矢籠(しこ)・矢屏風・鏃(やじり)の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な弓矢を様々な角度からじっくり見ることができる写真も多数掲載。戦や狩猟の道具としてだけでなく、祭礼など日本の文化や歴史と密接な関係がある弓や矢籠・矢屏風・鏃の知識を得ることで、その魅力に触れてみて下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る