矢籠・矢屏風

制作時代不明

やびょうぶ 矢屏風

矢屏風
「矢屏風」(やびょうぶ)は、屏風形になった木枠の中に、矢を立てて収納する家具の1種です。折り畳んで、もしくは屏風のように広げたまま設置しておくことが可能なため、江戸時代には武家の屋敷において、衝立(ついたて)として用いられていました。
普段は家具として使用し、屋敷に敵が攻め込んできたときには即座に矢を取り出すこともできる矢屏風は、単なる飾り道具ではなく、実用性もかね備えていたと言えます。
本品には、100本の矢が備えられており、うち62本は黒漆塗になっていますが、残りの38本には漆が塗られていません。3本の矢が予備で付けられていますが、「鏃」(やじり:目標を突き刺すために、矢の先端に付けられた部位)がない状態です。
鏃は矢の威力を向上させるため、様々な形状の物が取り付けられていましたが、本品のように細く尖った鏃は、実戦において特によく使われていた物。また、矢の飛び方を安定させるために取り付けられる羽には、山鳥の物が用いられています。

矢屏風の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

推定制作時代 不明 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「弓・矢屏風・鏃写真:矢屏風」の詳細ページです。
武具としての価値だけでなく、装飾が施され芸術品としての価値も持つ弓矢や矢籠(しこ)・矢屏風・鏃(やじり)の解説はもちろん、詳細情報についてもご確認頂けます。
他にも、貴重な弓矢を様々な角度からじっくり見ることができる写真も多数掲載。戦や狩猟の道具としてだけでなく、祭礼など日本の文化や歴史と密接な関係がある弓や矢籠・矢屏風・鏃の知識を得ることで、その魅力に触れてみて下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る