掛け軸

江戸時代

とうどうたかとら はんもつ 藤堂高虎 判物

藤堂高虎 判物

戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した戦国大名藤堂高虎」(とうどうたかとら)の判物です。

「判物」とは、上位の者が花押などの判を付して発給した文書のことを指し、 感状(かんじょう)や所領安堵などの際に用いられました。

藤堂高虎は、「豊臣秀吉」の異父弟「豊臣秀長」(とよとみひでなが)や、「徳川家康」に仕え、築城の名人であったことでも知られています。伊予今治藩(現在の愛媛県今治市)藩主からのちに転封され、伊勢津藩(現在の三重県津市)の初代藩主となりました。

本判物は、家臣の「斎藤茂左衛門」に宛てた文書と見られ、1621年(元和7年)12月12日の日付が記されています。内容は、伊勢国伊船野田村(現在の三重県鈴鹿市)・星合村(現在の三重県松阪市)のうち200石を扶助として与える、法度書(はっとがき:おきてを記した書)の通りすべて領知(りょうち:土地を治めること)するように、というものです。

本判物が発給された当時、藤堂高虎は京都に滞在していたと考えられており、藤堂高虎の動向を知る上でも、また知行宛行状(ちぎょうあてがいじょう:主君から家臣へ与えられた文書)がどのような経緯・手順でなされるかを研究する上でも貴重な史料となっています。

藤堂高虎 判物

藤堂高虎 判物の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「藤堂高虎 判物」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード