書跡

安土桃山時代

たけだしんげん はんもつ 武田信玄 判物

武田信玄 判物

本状は、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名「武田信玄」が、「小幡孫十郎」(おばたまごじゅうろう:本名「小幡昌盛」[おばたまさもり])宛に発給した「判物」(はんもつ)です。

判物とは将軍や大名が家臣などに所領安堵を行う際、花押(かおう/絵のようにデザインした署名)などの自署を据えて通達した文書のこと。

「小幡氏」は、上野国(こうずけのくに:現在の群馬県)の大名であり、室町幕府の「関東管領」(かんとうかんれい)である「上杉憲政」(うえすぎのりまさ)に仕えていた一族でした。しかし、永禄年間(1558~1570年)の前半頃、「武田家」が西上野へ進軍したことをきっかけに、小幡氏は同家に臣従しました。

本状では、武田信玄が小幡氏に対し、上野国と武蔵国(埼玉県東京都23区、神奈川県の一部)に領していた土地での利権を保障する代わりに、武田家と「北条家」(ほうじょうけ)が戦う際には反旗を翻すことなく、武田家への忠義を尽くすことを指示しています。

そのため本状には、駿河国(現在の静岡県中部、及び北東部)侵攻を経て、「北条攻め」に照準を合わせていた武田信玄が、その先兵(せんぺい:本隊の前方で、偵察などの任務を担う小部隊)となる小幡氏に領地を安堵することで、北条家との戦況を優位に展開させる目論見(もくろみ)があったと推測されているのです。

武田信玄 判物

武田信玄 判物の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 安土桃山時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「武田信玄 判物」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード