掛け軸

江戸時代

ごみずのおてんのう まつむしわかふく 後水尾天皇 松虫和歌幅

後水尾天皇 松虫和歌幅

掛け軸の和歌が納められていた箱書きに、「後水尾天皇宸翰」(ごみずのおてんのうしんかん)の文字があり、「宸翰」とは天皇の直筆を表わしていることから、「後水尾天皇」自身の手でしたためられた和歌であることが分かります。

後水尾天皇は、江戸時代初期の1611年(慶長16年)に即位。和歌や有職故実(ゆうそくこじつ:朝廷や公家、武家の古来の行事や法令、制度、官職、儀式、装束などのこと。またはその研究)に詳しく、江戸時代における宮廷文化の礎を築きました。

本掛け軸の表具には、皇室の家紋である「十六八重表菊」(じゅうろくやえおもてぎく)を思わせる菊花の文様が配され、松虫を題材とした和歌にふさわしい秋の趣が醸し出されています。

後水尾天皇 松虫和歌幅

後水尾天皇 松虫和歌幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「後水尾天皇 松虫和歌幅」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード