火鉢

制作時代不明

こうしつかんいんのみやかもんひばち 皇室閑院宮家紋火鉢

皇室閑院宮家紋火鉢

奈良時代に暖房器具として登場した火鉢は、薪のように煙が出ないことから、はじめに公家や上位の武家で使われるようになりました。その一部は調度品として発達し、飾り金具をあしらった金属製の火鉢や、華やかに色付けされた陶器製の火鉢も作られています。

本火鉢もまた精緻な装飾が施された逸品であり、「世襲親王家」のひとつ「閑院宮家」(かんいんのみやけ)に伝来しました。「閑院宮家」は、旗本の「新井白石」(あらいはくせき)の進言により、江戸時代中期の1710年(宝永7年)に「東山天皇」の第6皇子「直仁親王」(なおひとしんのう)が創立した宮家です。

その後の1779年(安永8年)、「後桃園天皇」(ごももぞのてんのう)が嗣子(しし:跡継ぎ)のないまま崩御したため、閑院宮家2代当主「典仁親王」(すけひとしんのう)の第6皇子「兼仁親王」(ともひとしんのう)が「光格天皇」(こうかくてんのう)として即位。以来、閑院宮家(光格天皇)の血筋が現在の皇室まで続いています。

本火鉢は、閑院宮家の家族が庭遊びに興じる際に手を温めたり、湯を沸かしたりするなど、娯楽に用いられてきました。実際に使用されたとは感じられないほど状態も良く、菊の葉に彩られた閑院宮家の家紋「閑院菊」(かんいんぎく)の装飾も鮮やかです。宮家の古雅な生活様式が偲ばれる貴重な美術品と言えます。

皇室閑院宮家紋火鉢の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「皇室閑院宮家紋火鉢」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード