掛け軸

江戸時代 前期

とさみつおき よりともしょうぞうがさんふく 土佐光起 頼朝肖像賛幅

土佐光起 頼朝肖像賛幅

掛け軸は、江戸時代前期に活躍した「土佐派」を代表する絵師「土佐光起」(とさみつおき)が制作した掛け軸です。

掛け軸に描かれている人物は、平安時代末期から鎌倉時代初期に活躍した武将「源頼朝」。源頼朝は、父「源義朝」(みなもとのよしとも)が「平治の乱」で敗北したことを理由に伊豆国(現在の静岡県)へ配流され、青年期を流刑人として過ごしました。

のちに、異母弟「源義経」と共に平家を滅ぼしますが、源義経が源頼朝に対して反抗的な態度を取ったため対立。全国に「守護・地頭」を設置し、源義経を朝敵として討伐します。そして、政治的手腕を発揮した源頼朝は、鎌倉幕府の初代征夷大将軍として武家政権を創始しました。

本掛け軸の制作者である土佐光起は、「土佐派中興の祖」とも評される絵師です。もともと土佐派は、朝廷の絵所(えどころ:「画所」とも記される、平安時代の朝廷職のひとつ)として隆盛を極めていた日本画家の流派でしたが、室町時代末期の戦で13世「土佐光元」が戦没したことで絵所領職を失職。約85年後に宮廷の絵所領職として復帰したのが土佐光起でした。

土佐光起は、土佐派の主流だった大和絵以外の画題を積極的に制作し、江戸時代の土佐派様式を確立した他、口伝として伝えられてきた門外不出の土佐派の技法が、誤って後世に伝わらないようにと画法書「本朝画法大伝」(ほんちょうがほうたいでん)に著したことでも知られています。

土佐光起 頼朝肖像賛幅

土佐光起 頼朝肖像賛幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 前期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「土佐光起 頼朝肖像賛幅」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード