掛け軸

制作時代不明

ぎょくすい たいしょうてんのうとうきょくがふく 玉翠 大正天皇登極画幅

玉翠 大正天皇登極画幅

掛け軸は、1915年(大正4年)に行なわれた「大正天皇」の登極(とうきょく:即位の礼)を描いた雅やかな1枚です。

大正天皇は、1879年(明治12年)に「明治天皇」の3男として誕生。兄2人は夭折しています。1912年(明治45年)の明治天皇の死去に伴い、33歳で天皇に即位。

1909年(明治42年)に制定された「登極令」(とうきょくれい)による最初の大礼として、大正天皇の即位の礼は京都御所で盛大に行なわれました。

大正天皇の衣装は、平安時代以降、天皇の正装と定められた束帯「黄櫨染色」(こうろぜんいろ:黄味がかった茶色)の黄櫨染御枹(こうろぜんのごぼう)で、「桐竹鳳凰麒麟」(きりたけほうおうきりん)の文様が描かれています。

これは、善君の世を意味する文様で、泰平の世を治めた君主を誉め、天上から鳳凰が舞い降り、青桐の木に住んで竹を食し、麒麟が集うというもの。本掛け軸でも丁寧に美しく描かれています。

本掛け軸を描いたのは、「玉翠」(ぎょくすい)。明治生まれの日本画家ですが、詳細は分かりません。

玉翠 大正天皇登極画幅

玉翠 大正天皇登極画幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 不明
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「玉翠 大正天皇登極画幅」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード