掛け軸

江戸時代 前期

かのうげんしゅん てんじんがふく 狩野元俊 天神画幅

狩野元俊 天神画幅

掛け軸は、江戸時代前期に活躍した狩野派の絵師「狩野元俊」(かのうげんしゅん)が制作した掛け軸です。

掛け軸に描かれている人物は、学問の神として知られる平安時代の貴族「菅原道真」。菅原道真は、幼少時から詩歌の才能を発揮し、元服して以降は「宇多天皇」や「醍醐天皇」から厚い信頼を受けて政務を担いました。

しかし、のちに左遷されて失脚。菅原道真は、自分を陥れた朝廷に対して恨みを抱いたまま亡くなったため、その怨念が原因で朝廷関係者は様々な不幸に見舞われたと言います。そして、祟りを鎮めるために神格化され、天神として祀られるようになりました。

本掛け軸の制作者である狩野元俊は、江戸幕府御用絵師のひとつ「山下狩野家」の祖です。絵師の家系に生まれ、「徳川家康」にお目見えして以降、狩野元俊の代から江戸幕府仕えの絵師として活動しました。

狩野元俊 天神画幅

狩野元俊 天神画幅の写真

※画像はクリックすると、
拡大してご覧頂けます。

詳細情報

鑑定区分 - 推定制作時代 江戸時代 前期
代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「書画・美術品写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「狩野元俊 天神画幅」についてご紹介。制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報や写真もご覧頂けます。
あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる書画・美術品がありましたら、「書画・美術品写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード